事故車を買い取ってもらうために必要な知識とは

ディーラーにとっての事故車

事故車を査定してもらってから買取を考えるご自身が所有しているお車を手放す際に、過去に事故で修理していた経験のある方は、「事故車だから買い叩かれるだろうな」と思いがちです。

ディーラーなどでは、「事故車は過去に事故を起こして修理した経歴のある車」とは考えていません。
厳密にいうと、車の骨格(フレームなど)を修復したり交換した履歴のある車を「事故車」と呼んでいます。

たとえば、軽い追突や接触事故にあって、バンパーを交換したり、鈑金塗装をした等は、判定しません。
事故車は、車の基本骨格の部分を交換、修復しているわけですから、車自体の価値は下がりますので、買取をする場合でも相場より割安になります。

車を買取をする業者や自動車オークションに携わる検査員は、事故車の見分け方などの講習を何度も受けていますし、検査員はテストにも合格した人がなります。
それでも見落とすことはあります。

外見から見て傷もなく良くお手入れされている車(車両下部の洗浄も含めて)などは、明確な痕跡が見られない限り、修復歴ありとは判定されないようです。
逆に、手入れが行き届いていない車には、修復の痕跡も残っていることがはっきり判ります。

少なくとも、お車の買取査定を出されるときは、こんなところに注意が必要です。